ホーム » ブログ » 家づくりの知識 » 工務店直伝! 『新築を小さく建てて広く住む』 10の方法

家づくりブログ

工務店直伝! 『新築を小さく建てて広く住む』 10の方法

「家は大きければ、大きい方がいい」と、考えていませんか?

確かに、大きければひろびろとして、収納にも困らない。子どもが増えたら、子ども部屋を確保できます。

でも、大きければ、土地や建物、メンテナンスの費用や光熱費も高くなります。子どもが独立すると、使わない部屋がたくさん! という状況もありえます。

最近は、コンパクトな家がいい、むだなスペースはいらない、という方も増えています。そこで今回は、「小さな家でもひろびろ住める」10の方法をご紹介します!

この記事を読むと、こんなことがわかります!
・小さな家の間取りのポイント
・小さな家の大きさはどれくらい?
・コンパクトなお家の例

家づくり全般についても当てはまる内容です!

このページの目次

1. 家と外をつなげて広くする

家の中と外をつなげることで、外の空間も部屋として使え、開放感がアップします。ウッドデッキや縁側に、庇(ひさし)をつけると、夏の日差しや、雨をさえぎり、快適な空間に。

庭やウッドデッキは、部屋の延長として使えますよ!

ウッドデッキは、内と外をつなげる空間に

家まわりに空間を取ることも、広く住むコツの一つ

庭をつくるときに、北側に家をよせて、南側に大きなスペースをとろう、と考えている方も多いのではないでしょうか。

でも、ほかの方角にも少しずつスペースをとると、洗濯などの家事、駐輪場、玄関のアプローチなどに使え、暮らし方の幅が広がります。

家のまわりに空間をつくる

敷地の形や方角を読み込んで、家の配置を考え、そのまわりの空間を上手に使う。こんな考え方も、頭に入れておいてください。

2. 暮らす人の目線を外に抜けさせる

目の前に壁があると、圧迫感を感じますよね。窓の位置や大きさを工夫し、視線を外に抜けさせることで、奥行きがでて開放的になります。
また、窓の位置を工夫して、風が通るようにすると、ここちよい空間に。

目線が外に抜けると、広く感じます。

外の景色を切り取るように、窓の位置を決める

3. 部屋を細かくくぎらない

部屋を細かく仕切らず、ワンフロアにすることで、空間を広く使えます。家族がちょうどいい距離感で、お互いを感じることもできます。

子ども部屋などが必要になったら、そのつど間仕切ればOK。将来部屋を分けることを想定して、コンセントやドアだけは設置しておくのも、一案です。

部屋を区切る方法は、開閉式の間仕切り、家具やカーテンをつかう、壁をつくる、など、いくつかあります。状況や予算にあった方法を選ぶとよいでしょう。

ただし、部屋を区切ると、後から使いにくくなることもあるので要注意!

ワンフロアにすると、部屋が柔軟に使える
家具で部屋を仕切る例。天井には空間があり、空気の通り道になる

4. 畳をつかい部屋をつなげる

畳の部屋はふすまを利用すると、区切ったり、広げたりできるので、とても便利。

ちゃぶ台を使うと、圧迫感もなく、空間を広く感じられます。テーブルやイスのように場所を取らず、使わないときはたたんでおけるのも、便利な点。

畳の部屋なんて古い? いえいえ、コンパクトな家の強い味方です。

戸袋にふすまが入る「引き戸」を採用。部屋を広く使える

5. 同じ素材や色で統一する

壁はできるだけ平らにして、凹凸(おうとつ)をつけないことも、ポイントです。収納家具やタンス、机などは、設計の段階で、壁に埋め込むなどの工夫をすると、スッキリとした部屋に。

壁や床を同じ色や素材にすると、一体感が生まれ、部屋を広く感じられます。

白は広がりを感じさせる色
テレビやビデオをはめ込む家具で、部屋がすっきり見える

6. 縦の空間を利用する

たとえば、リビングで過ごすとき、床に座ったり、低いイスを使ったりすると、視覚的に天井が高くなり、広がりを感じます。

また、1階と2階がつながる吹き抜けをつくると、空間が縦に広がり、開放感を演出できます。

天井と床の差を大きくすると、ひろびろ空間に♪

吹き抜けで縦の空間を利用

最近は、ロフトをつくる人も増えています。ロフトとは、いわゆる「屋根裏部屋」のことで、ベッドルームや書斎、収納部屋などに使えます。これも、縦の空間をうまく使う方法です。

ロフトは屋根裏の空間を利用できる

7. 廊下をなくす

大きな家だと、廊下は3-4坪の面積になります。廊下のすべて、あるいは一部を減らすだけでも、家がコンパクトに。

また、冬は、暖かい部屋と寒い廊下の温度差が大きく、心臓の疾患を引き起こす恐れがあります。広さだけでなく、快適さという点でも、廊下をつくるかどうか、考えてもいいかもしれません。

リビングとキッチンが続き、ろうかのない家

8. リビング階段を設ける

2階建ての場合、階段をつくると、階段部分やそのまわりにスペースが必要となります。

階段をリビングに設けることで、敷地面積を効率的に使うことができます。

1階と2階がつながるので、リビングを広く見せる効果も期待できます。

リビング階段は、開放感を演出できる

9. 動線を効率的に設計する

日々の家事や暮らしが、スムーズに行えるよう、動線を考えた設計にすると、むだなスペースをはぶくことができます。たとえば、キッチンで料理をするときは、以下のような動線が考えられます。

・冷蔵庫(食材をとりだす)→シンク(食材を洗って切る)→コンロ(調理する)→食器棚→テーブル

この流れを直線やL字型にすると、むだな動きが減り、コンパクトな空間でも狭く感じません。

動きやすいキッチンなら、コンパクトでもOK。

暮らす人にあわせた動線を考える

10. 太陽光や照明で部屋を明るくする

うすぐらい家は、何となく狭く感じてしまいます。太陽の光や照明を上手にとりいれると、部屋の印象が明るく、広く感じられます。

普通のお家では、天井の真ん中に、照明が取りつけている場合が多いのですが、これだと、部屋の隅が暗くなってしまいがち。

薄暗い場所を明るくすると、奥行きがでます。スポットライトやフロアスタンド、ダウンライトなどをうまく使うことで、広がりのある部屋を演出できます。

また、部屋の高いところに、光を取り込む窓をつけるのも一案です。日中は明るく開放的な空間になります。

明るい部屋は、開放的になります♪

天窓で太陽の光をとりこむ

以上、小さく建てて、大きく住む10の方法をお伝えしました。
工夫すれば効率的に空間を使えることが、おわかりいただけたでしょうか。

「小さな家」の大きさはどのくらい?

「小さな家」といっても、どのくらいが小さいのかわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。一つの目安になるのが、国の基準です。

4人家族の場合、平均的な家の大きさは、約29坪〜38坪(95㎡-125㎡)とされています。ちなみに、一坪はたたみ2畳分、約3.3㎡です。(※「住生活基本計画における居住面積水準」より)

数字に幅があるのは、都市と郊外で状況がちがうため。都市の方が狭く、郊外は広くなります。あくまで目安ですが、参考にしてください。

グートンライフの「小さくても住み心地のよい木の家」

グートンライフは、4人家族で30坪以下でも、心地よい住まいはつくれると考えております。
事例もございますので、ぜひご覧ください。
家は一生のもの。ぜひ、長い目で見たお家の建て方を、じっくり考えてみてください。

【お客さまインタビュー】リタイア後に「木の家」でシンプルライフ(能勢町)

陽だまりの家で豊かな暮らし 「大阪のてっぺん」と言われる、自然豊かな能勢町。ここでカフェを営むご夫妻は、3年前、カフェの隣に、ふたりで暮らすためのお家を建てました。シンプルな間取りに、薪ストーブやキルト部屋。こだわりのつ […]

4人家族にちょうどいい一戸建ての家の大きさと理想の間取りの決め方

4人家族の場合、家の広さはどれくらい必要なの?そんな疑問をもつ方のために、「快適な住まいの大きさ」の計算方法や目安をお教えします。また、家づくりで失敗しないために、広さや間取りで気をつけることもお伝えします。 戸建住宅「 […]

4人家族の家の広さ

新築、土地探し、家づくりのことあれこれのご相談をうけたまわります(オンライン相談会もございます)。モデルハウスの見学も可能です。お気軽にお問い合わせください。

株式会社グートンライフ
Tel:   0120-817-910
E-mail:info@good-on.co.jp


下のフォームからもお申込みいただけます。

    お客様情報

    ご住所

    ご希望の連絡先を選択してください

    ご予約内容・ご希望日時

    ご要望

    ご希望日時(第1希望)

    ご希望日時(第2希望)

    ご希望日時(第3希望)

    何を見て当社のことを知りましたか?
    当てはまる所にチェックをお願いします。 (※ 複数回答可)

    雑誌・フリーペーパーを選択された方は、雑誌名をご記入ください

    弊社を紹介してくださった方がありましたら、紹介くださった方をお教えください

    送信内容やプライバシーポリシーをご確認いただき、チェックを入れて送信ボタンを押してください


    新築・建て替え、リフォーム、不動産 他

    住まいの相談会 /セミナー

    家づくりのプロが、新築・リフォームに関わらず、住まいのあらゆるご相談を承ります。土地探しから始めたい方やプランが曖昧な方も大歓迎です。

    ご予約不要ですが、事前にご相談内容をお伝えいただくと、より詳しいお話ができます。また、ご予約いただければ、何曜日でも対応可能です。

    » まずはパンフレットを見たい方はこちら(無料)

    川西市平野駅すぐのショールームで家づくり無料相談

    ショールームで相談

    自然素材の家具もご覧いただけます

    オンライン家づくり相談

    オンライン相談

    スマホやPCのビデオ通話で気軽に相談

    電話予約:Tel. 0120-817-910

    営業時間:9〜18時

    » 新型コロナ感染予防について

    グートンライフの家づくり
    7つのこだわり

    お客さまの「幸せな時間」をつくるために、
    大事にしていることがあります。

    トコトンお話しすること

    お客さまの想いをお聞きし、暮らし方に合った住まいのご提案をします。まずはショールームでの無料相談をご利用ください。

    家族がつながる空間づくり

    小さな部屋をたくさん造るのではなく、間仕切りや家具で部屋を仕切る開放的な家をおすすめしています。

    人にやさしい自然素材

    なるべく自然素材を使います。柱や床はスギやヒノキ、壁は和紙や珪藻土(けいそうど)。住む人の体と心にやさしい素材です。

    自然室温で快適に暮らす

    太陽熱を利用したシステムで、自然室温での暮らしをご提案します。少しのエネルギーで快適にすごせる住まいです。

    長寿命で丈夫な構造

    耐久性や断熱性をしっかり確保し、ご家族の暮らしを守ります。耐震等級3(最高等級)、断熱性は等級4を基準にしています。

    メンテナンスできる家

    手をかけるほど美しくなる素材や、壊れても取り換えのできる部品を選んでいます。永く住み続けられる家をお造りしています。

    永くつき合える地域工務店

    お家が完成してからが、本当のおつき合いと考えています。いつでも適切に対応できる体制を整えています。

    北摂(川西市、猪名川町、能勢町)での新築&リフォーム・不動産はグートンライフへ。

    ≪心地いいを、トコトン≫ 地域に寄り添い26年。2万件以上の実績を積んできた地域工務店だからできることがあります。
    自然素材を活かした注文住宅(木の家)、土地探し、リフォームなど、家づくりに関することに関してなら何でもご相談ください。

    施工エリア:兵庫県川西市、猪名川町、能勢町、豊能町、伊丹市、宝塚市

    Scroll to Top