ホーム » ブログ » お客様の声・インタビュー » 【お客さまインタビュー】リタイア後に「木の家」でシンプルライフ(能勢町)

家づくりブログ

【お客さまインタビュー】リタイア後に「木の家」でシンプルライフ(能勢町)

陽だまりの家で豊かな暮らし

「大阪のてっぺん」と言われる、自然豊かな能勢町。
ここでカフェを営むご夫妻は、3年前、カフェの隣に、ふたりで暮らすためのお家を建てました。
シンプルな間取りに、薪ストーブやキルト部屋。こだわりのつまったお宅におじゃましまして、家づくりのあれこれ、お聞きしました。

家を建てるきっかけ

ご主人:
12年前、ふたりの退職を機に、昔からの夢だったカフェを能勢町で始めました。人が交流できる場所にしたいと、ギャラリーも併設して。はじめは車で一時間ほど離れた、箕面市のマンションから通っていましたが、だんだん大変になって。たまたまカフェの隣の土地を買う機会があり、マンションを売って、小さくてもいいから家を建てることにしたんです。

グートンライフを選んだ理由

奥さま:
社長ご夫婦がカフェのお客さまでした。初めてお店にいらしたのが、7年前。それ以来、親しくおつきあいさせていただいています。会社のホームページを見ると、「一つのグループ」という雰囲気で、どの社員さんもあたたかい感じがしていいですね 。

ご主人:
木の家や自然素材にずっとあこがれていて、木の家だったらグートンさんに、と思っていました。モデルハウスやグートンさんのお客さまの家など、いろいろ見せていただいたのも、参考になりました。自分の家に近い工務店だったことも決めての一つでした。何かあった時に、すぐに駆けつけてもらえますから。実際、家のことだけでなく、保険会社を紹介していただいたり、いろいろお世話になっています。

img_4988-920x613-1501650
吹き抜けのあるリビングで開放感がある空間に

家づくりでこだわったこと

――― 1階だけで生活できるよう、寝室やリビング、台所をコンパクトにまとめました。2階は、奥さまのキルト部屋と、お客さま用のスペースに。床や柱は国産スギ、壁は珪藻土(けいそうど)と、すべて自然素材を使った心地よい空間となっています。

ご主人:
質素で簡素な暮らしができるよう、できるだけ小さな家をお願いしました。4LDKのマンションにある家具をすべて断捨離して、持ってきたのはベッドと机、テレビだけ。

奥さま:
主婦は台所にいることが多いでしょう。機能的で動線が短いようにしたい、とお伝えしました。ごちゃごちゃ置くのがいやなので、ものをあまり出さないようにしたいとも。

――― 薪ストーブも置いていますね。

奥さま:
薪ストーブは夫のこだわりで。

ご主人:
お店でも毎日焚いているんです。遠赤外線で体の芯からあたたまります。家のストーブは窓の高さに合わせて選びました。

窓の高さに合わせてストーブを選んだ

自然素材の家にした理由

ご主人:
昔からログハウスや木の家が好きで。働いている時はマンションが便利でよかったのですが、最後に住むのは木の家と、初めから決めていました 。

奥さま:
壁の珪藻土は、グートンライフさんにすすめてもらって取り入れました。体感してわかったのですが、体にすごく優しい。みんなにいいよ、って言っています(笑) 。

ウッドデッキで部屋と外がゆるやかにつながる

――― 建てる時に不安だったことはありましたか?

ご主人:
それは全然なかったですね。初めの段階でかなり練ってやり取りしたので、大丈夫だと思ってお任せしました 。

奥さま:
こちらの希望をちゃんと聞いたうえで、プロとして提案してくださる。私は、風が通るようにリビングを東西に長くしてほしい、とお願いしたんです。でも社長さんは、南北にした方がいいですよ、とおっしゃって。実際、風通しがよく、窓からきれいな桜も見えて、正解でした 。

出窓がワークスペースにもなる

カゼをひかなくなりました

―――マンションから一軒家に。住んでみていかがですか?

奥さま:
マンションでは、夜にケーキをつくると「音が響く」と言われてドキッとしたことがありました。この家では何時に焼いても平気(笑)。

ご主人:
ここはけっこう野鳥が来るんです。去年の春は、毎日リビングから野鳥の親子を眺めていて、巣立ちの瞬間にも立ち会えたんですよ。コロナで外出できなかったけれど、いい時間を過ごせました。

巣立ちの瞬間をカメラでパチリ(byご主人)

――― 太陽熱で空調を整える『びおソーラー』を取り入れていらっしゃいます。使い心地はいかがですか

ご主人:
私たちが住んでいる大阪府能勢町は、冬はすごく冷え込むんです。でも『びおソーラー』のおかげで、外がマイナス4度でも家の中は13度ほど。17度くらい差があります。壁や床の断熱もきっちりしてもらっているので、冬は暖かく夏は涼しい。

奥さま:
夫は高血圧の持病を持っているので、本当にありがたいです。引っ越して4年になりますが、一回もカゼをひいていないものね。箕面に住んでいた時は、年に1回か2回は必ずひいていたけれど 。

ご主人:
湿度が60%くらいでずっと安定している。それがすごくいいんだと思う。

自然素材とびおソーラーで快適な湿度を保てる

これから家を建てたい、という方へのアドバイス

ご主人:
限られた予算でいい家を建てるためのポイントは、材料の質を落とさない、ということです。どの部分に予算をかけた方がいいのか、専門的な部分はプロにお任せする。代わりに、照明や水回りの設備などは、シンプルで手ごろな値段のものにしました 。

グートンライフさんからいただいた明細書をみて、「カワックはいらない、IHヒーターはもっと安いものでいい」と、自分で一つずつチェックしました。トータルで何百万円という違いが出ます 。

――― リタイア後に家を建てられました予算の面で心配はありませんでしたか?

奥さま:
今回の家は、住んでいたマンションを売却した費用をあてました。 グートンライフさんに売却もお願いしたのですが、印象が良いように室内の一部を きれいにする提案もいただき、思っていたよりも早く売れてよかったです 。

グートンライフをすすめるなら、どんな方に?

ご主人:自然素材が好き、環境にやさしく健康にいいものが好き、という人におすすめしたいですね。
今まで、何人にもグートンライフさんをご紹介しているのですが、みなさん「スギの床にして気持ちいい」とおっしゃいます。

【竣工】2017年 【延床面積】27.05坪

ご主人は音楽、奥さまはキルトがご趣味
img_4945-920x613-6661198
窓辺にはY様邸の模型がかざられていました
新築・建て替え、リフォーム、不動産 他

住まいの相談会 /セミナー

家づくりのプロが、新築・リフォームに関わらず、住まいのあらゆるご相談を承ります。土地探しから始めたい方やプランが曖昧な方も大歓迎です。

ご予約不要ですが、事前にご相談内容をお伝えいただくと、より詳しいお話ができます。また、ご予約いただければ、何曜日でも対応可能です。

» まずはパンフレットを見たい方はこちら(無料)

川西市平野駅すぐのショールームで家づくり無料相談

ショールームで相談

自然素材の家具もご覧いただけます

オンライン家づくり相談

オンライン相談

スマホやPCのビデオ通話で気軽に相談

電話予約:Tel. 0120-817-910

営業時間:9〜18時

» 新型コロナ感染予防について

グートンライフの家づくり
7つのこだわり

お客さまの「幸せな時間」をつくるために、
大事にしていることがあります。

トコトンお話しすること

お客さまの想いをお聞きし、暮らし方に合った住まいのご提案をします。まずはショールームでの無料相談をご利用ください。

家族がつながる空間づくり

小さな部屋をたくさん造るのではなく、間仕切りや家具で部屋を仕切る開放的な家をおすすめしています。

人にやさしい自然素材

なるべく自然素材を使います。柱や床はスギやヒノキ、壁は和紙や珪藻土(けいそうど)。住む人の体と心にやさしい素材です。

自然室温で快適に暮らす

太陽熱を利用したシステムで、自然室温での暮らしをご提案します。少しのエネルギーで快適にすごせる住まいです。

長寿命で丈夫な構造

耐久性や断熱性をしっかり確保し、ご家族の暮らしを守ります。耐震等級3(最高等級)、断熱性は等級4を基準にしています。

メンテナンスできる家

手をかけるほど美しくなる素材や、壊れても取り換えのできる部品を選んでいます。永く住み続けられる家をお造りしています。

永くつき合える地域工務店

お家が完成してからが、本当のおつき合いと考えています。いつでも適切に対応できる体制を整えています。

北摂(川西市、猪名川町、能勢町)での新築&リフォーム・不動産はグートンライフへ。

≪心地いいを、トコトン≫ 地域に寄り添い26年。2万件以上の実績を積んできた地域工務店だからできることがあります。
自然素材を活かした注文住宅(木の家)、土地探し、リフォームなど、家づくりに関することに関してなら何でもご相談ください。

施工エリア:兵庫県川西市、猪名川町、能勢町、豊能町、伊丹市、宝塚市

Scroll to Top