ホーム » ブログ » お客様の声・インタビュー » 築40年の中古住宅を自然素材の家にリノベーション(川西市笹部)

家づくりブログ

平屋のリノベーション

築40年の中古住宅を自然素材の家にリノベーション(川西市笹部)

このページの目次

里山の風景が広がる、川西市笹部(ささべ)。大阪市内から電車で1時間ほどの、アクセスのよい場所です。

Tさまご夫婦は、中古の平屋を購入し、自然素材の家にリノベーションされました。お二人に、家づくりについてお聞きしました。

中古の家をリノベーションしようと思った理由

リビングから眺めた風景。里山の景色が広がる

奥さま:
気に入った場所が見つかったことが、大前提です。娘が生まれ、住んでいた賃貸住宅が手狭になったことも、大きな理由でした。

今回買った土地には、古い平屋が建っていました。とりこわして、新築にしようか迷いましたが、予算の関係もあり、リノベーションを選びました。

国産のスギ材や珪藻土を使った、自然素材の家に生まれ変わる

―――自然豊かで駅にも近い、好立地です。この場所はどうやって見つけましたか。

ご主人:
10年くらいは、チラシを見て、いいなと思ったところを見に行く程度でしたね。

奥さま:
今回設計をお願いした友人と一緒に車でまわり、この場所を見つけたんです。友人が、持ち主さんと交渉してくれて、買うことができました。

グートンライフを選んだのは?

築40年の平屋を購入

奥さま:
地域の工務店で、自然素材を扱っているということ、設計士の友人がグートンライフさんを知っていた、ということが大きいです。

ほかにも二つの工務店とお話をしましたが、最終的には、自分の直観と会社の雰囲気で決めました。

ーー家の間取りは、キッチン、和室3つ、洋室1つの3LDK。床や外の壁には、丹波スギや丹波ヒノキ、室内の壁には珪藻土(けいそうど)と、自然素材を使っています。

家の間取りは、キッチン、和室3つ、洋室1つの3LDK。床や外の壁には、丹波スギや丹波ヒノキ、室内の壁には珪藻土(けいそうど)と、自然素材を使っています。

―――家づくりでこだわったところは?

奥さま:
自然素材を取り入れたのは、本物の木を使った家で、木に囲まれたい、という思いがあったからです。畳の部屋にもこだわりました。

限られた空間を、できるだけ広く使いたかったんです。テーブルやイスはリビングを圧迫してしまうので、座卓を使っています。

外壁と床は地元の丹波スギを使用
壁は珪藻土。部屋の湿度を調節して、過ごしやすい空間をつくる

家づくりのエピソード ~セルフリノベの楽しさ~

―――壁塗りは、ご家族とご友人でされましたね。

ご主人:
自分たちで手をかけると、愛着がわくだろうなと思って。壁をはがしたり、外したりする作業が結構大変だったけれど、それも含めて楽しかったですね。

奥さま:
大工さんのじゃまをしないように、同じようなことをしたりして。いい思い出です。

壁塗りは家族と友人で。手作り感のある家に

—――スタッフとの打ち合わせや工事中に、不安はありませんでしたか?

ご主人:
スタッフのみなさんには、全面的な信用をおいていました。対応もよかったので、不安はありませんでした。

奥さま:
私たちの想いによりそいつつ、いつもちょうどよい提案で進めてくださいました。スタッフさんや職人さんのOKな範囲で、家づくりにかかわらせてもらえたことが、とてもありがたかったです。

断熱性アップ&家事ラク素材

部屋をつなげて開放感ある空間に

―――住まわれて1年が経ちました。住み心地はいかがですか?

奥さま:
心地よく楽しいです。畳の部屋だとゴロンとできて、部屋がつながって空間が広く使えるのもいいですね。

ご主人:
ウッドデッキやガレージづくりなど、やりたいことがたくさんあって、ずっとステイホームしたいくらい(笑)。

DIYの得意なご主人。ウッドデッキやガレージをコツコツ制作
キッチンは壁側にコンロとシンクを配置。作業効率がよく、空間を広く使える
洗面所の壁は湿気を吸い取る珪藻土。白いタイルはキッチンとそろえて

―――リノベーションでは、断熱材をいれました。効果はいかがですか?

奥さま:
前の家と比べて、光熱費が減りました。夏はほぼ扇風機1台、冬は石油ストーブ1台を使っただけ。電気代は、平均して月に3000円ほどでした。

天井にはセルロースファイバーを吹き込み断熱性をアップ


ちなみに、普段のそうじは、ほうきだけ。「前の家はフローリングでほこりが目立ちましたが、自然素材だと、あまり気になりません(笑)」(奥さま)

スギ材の床は、ほうきで十分きれいに

中古住宅のリノベーションを成功させるコツ

奥さま:
まずは、自分にとって居心地のいいイメージを、ふくらませることでしょうか。写真を集めたりして、具体的に工務店に提案していくのがいいかもしれません。

ご主人:
理想の土地を見つけるためには、あきらめず、あわてないことですね。

写真などで家や暮らしのイメージをふくらませるのがおすすめ

―――グートンライフをすすめるとしたら、どんな人に?

ご主人:
どんな人にもおすすめします。

奥さま:
私も。加えて、自然が好きな方。そして、少しでも、自分たちで家に手を入れてみたいと思われる方に。

簡単なこと、例えば玄関にビー玉を埋めるだけでも、とてもよい思い出になり、毎日目にできて、より家に愛着がわきます。

酒樽を雨水タンクにつかう遊び心。「お酒が好きなので」(ご主人

これからご主人は、ウッドデッキを完成させ、ガレージも造る予定。奥さまは、近所の人が気軽にお茶を飲めるよう、お庭を整えたい、と話されています。

どんなお家になっていくのか、楽しみです。ご家族のみなさま、ありがとうございました。

去年は庭でお米を作ったそう。「8合とれて、お餅つきをしました」(奥さま)

【延床面積】約23坪
【施工期間】約2か月

家づくりのこあれこれ、ご相談に乗ります。住まいの相談会も随時行っておりますので、お気軽にお申し込みください。

マンションのリノベーションや、平屋のお家は、以下のブログもごらんください。

新築・建て替え、リフォーム、不動産 他

住まいの相談会 /セミナー

家づくりのプロが、新築・リフォームに関わらず、住まいのあらゆるご相談を承ります。土地探しから始めたい方やプランが曖昧な方も大歓迎です。

ご予約不要ですが、事前にご相談内容をお伝えいただくと、より詳しいお話ができます。また、ご予約いただければ、何曜日でも対応可能です。

» まずはパンフレットを見たい方はこちら(無料)

川西市平野駅すぐのショールームで家づくり無料相談

ショールームで相談

自然素材の家具もご覧いただけます

オンライン家づくり相談

オンライン相談

スマホやPCのビデオ通話で気軽に相談

電話予約:Tel. 0120-817-910

営業時間:9〜18時

» 新型コロナ感染予防について

グートンライフの家づくり
7つのこだわり

お客さまの「幸せな時間」をつくるために、
大事にしていることがあります。

トコトンお話しすること

お客さまの想いをお聞きし、暮らし方に合った住まいのご提案をします。まずはショールームでの無料相談をご利用ください。

家族がつながる空間づくり

小さな部屋をたくさん造るのではなく、間仕切りや家具で部屋を仕切る開放的な家をおすすめしています。

人にやさしい自然素材

なるべく自然素材を使います。柱や床はスギやヒノキ、壁は和紙や珪藻土(けいそうど)。住む人の体と心にやさしい素材です。

自然室温で快適に暮らす

太陽熱を利用したシステムで、自然室温での暮らしをご提案します。少しのエネルギーで快適にすごせる住まいです。

長寿命で丈夫な構造

耐久性や断熱性をしっかり確保し、ご家族の暮らしを守ります。耐震等級3(最高等級)、断熱性は等級4を基準にしています。

メンテナンスできる家

手をかけるほど美しくなる素材や、壊れても取り換えのできる部品を選んでいます。永く住み続けられる家をお造りしています。

永くつき合える地域工務店

お家が完成してからが、本当のおつき合いと考えています。いつでも適切に対応できる体制を整えています。

北摂(川西市、猪名川町、能勢町)での新築&リフォーム・不動産はグートンライフへ。

≪心地いいを、トコトン≫ 地域に寄り添い26年。2万件以上の実績を積んできた地域工務店だからできることがあります。
自然素材を活かした注文住宅(木の家)、土地探し、リフォームなど、家づくりに関することに関してなら何でもご相談ください。

施工エリア:兵庫県川西市、猪名川町、能勢町、豊能町、伊丹市、宝塚市

Scroll to Top