2世帯住宅のプランと暮らし方

 

1.同居型
親世帯・子世帯それぞれ家族を構成する人たちが必要な分だけ寝室を分け、それ以外のリビング、水回り等を
共用するのが「完全同居形」二世帯住宅です。親世帯・子世帯内で生活の時間帯に大きな開きがないときには、
この同居型の間取が多く選ばれます。

建物面積:127.52m2   
1F 68.73m2   2F 58.79m2



2.上下(左右)部分共有型
玄関や浴室などの水回り設備等を共用しながらも、親世帯・子世帯が生活するゾーンを分けるのが「上下(左右)
部分共用型」の二世帯住宅です。親世帯と子世帯の生活スタイルが違う場合や、プライバシーを保ちたいときに
この部分共用型の間取りを選ぶ場合が多くなります。


建物面積:129.17m2   
1F 66.24m2   2F 62.93m2



3.完全分離型

「完全分離型」は、その名の通り、2世帯住宅ではあるものの、全く別の世帯として暮らす間取りです。
親世帯・子世帯が同じマンションの隣部屋同士で生活をするイメージにちかいと思います。生活スタイルや
暮らしの全てが完全に分かれますので、お互いに気を使うことなく、すぐそばにいながらも干渉しあわない、
いわゆる「スープの冷めない距離」の暮らしができます。

 

※プラン作成中

 

 

 

 

建物面積:129.17m2  
1F 66.24m2   2F 62.93m2

                                                 


グートンライフからのご提案

 

 

検討中

 

 

 

 

 

 


    2世帯住宅ご相談フォームです。
    ご来店希望、相談、お見積りなど、お気軽にご連絡ください。
    ご来店希望の日時等、下記メールフォームからご連絡ください。



    あり:土地所有なし:土地探し依頼その他








       メール電話


    プライバシーポリシーに同意する

    関連記事

    1. 築30年でも『暮らし方を優先したリノベーション』で変わります!!

    2. 【イベント終了】【セミナー】10/17(土) 「家づくりセミナー入門編」開催します!

    3. 2月15日(土)【家づくりのこと無料相談会】開きます♪

    4. カモン!川西「cafe+zakkaちまこま喫茶」

    5. 戸建リノベーションで理想の住まいを実現する方法

    6. 【不動産仲介】価格変更!「清和台サニーハイツ」