【お客様の声】杉の床で部屋全体があたたかく

自然素材で部屋全体があたたかく快適に

国産の自然素材を使うと、どんなメリットがあるの?
そんな疑問にお答えするべく、実際にお住いのお客様の声をお伝えします!

スギのフローリングで足元ぽかぽか

 

畳の部屋をスギの床にして、バリアフリーに

和室をバリアフリーの寝室にリフォームしたK様。
床にスギ材を使いました。
工事から3か月がたち、住み心地を聞かせていただきました。

K様のリフォームの詳細は>>こちら

スギの特徴は、肌触りがやわらかく、あたたかいこと。
部屋にいると、とにかくあたたかい、とのことです。

床と壁に断熱材を取り入れ、内窓もつけました。
隣のリビングにあるエアコンだけで、2つの部屋がしっかり暖房できるそう。
廊下の合板とスギのフローリングを踏み比べると、合板は「冷たい!」と感じるそうです。

キズも気にならず、快適に過ごせる

月日とともに、あめ色に変化していくスギ材

スギの床は、キズがついてもあまり気にならないのも良い点だそうです。
一枚もののスギ板なので、家具を引きずった跡もあまり目立ちません。
合板のように、表面に傷がつくと下の素材が見えて見苦しい、ということがありません。

珪藻土の壁で湿度を調節

壁には湿度を調節する珪藻土を使用

寝室は、壁に珪藻土を塗りました。
部屋は、一般的に湿度が低いと寒く感じます。

珪藻土は、部屋を適切な湿度に調節する機能があります。
この働きも、お部屋をあたたかくすることに、一役買っています。
白みを帯びた色合いで「部屋が明るくなった」との声もいただいています。

家づくりに自然素材を取り入れませんか


グートンライフは、25年のリフォーム実績があります。
リフォームしたい、家を建てたいなど、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。
経験豊かなスタッフが、心を込めて対応させていただきます。

当社のショールームは、国産の木材や土などの自然素材をふんだんにつかった、心地よい空間です♪
ご予約不要、お気軽にお立ち寄りください(年中無休・夏季・冬季休日あり)。
みなさまのお越しをお待ちしております。

関連記事

  1. 「 建築士による耐震診断」受付中です!

  2. 【終了】グートンライフの新しい情報誌『TOCOTON』発行!

  3. 3月22日(日) ロフトのある平屋暮らし『構造見学会』について

  4. 不動産の売却はこちら「売却の流れ」

  5. 家づくりセミナー

    【セミナー】9/12(土) 「家づくりセミナー入門編」 開催します

  6. カモン!川西「cafe+zakkaちまこま喫茶」